す。マイル!楽しくANAのSFC修行

クレジットカードポイントやマイルを上手にためて飛行機に乗るマイラーブログ。ANA、SFC修行の為の効率よいPP単価日程やキャンペーン、ラウンジ情報満載。国内に限らず海外の情報も充実。海外SIMカードやホテル、食事レポートも必見

【基本編】ANA上級会員制度(プレミアムメンバーサービス)プラチナ、ダイヤモンドサービスの全て

航空会社には沢山利用した乗客により良いサービスを提供する為、上級会員制度があります。各航空会社の定められた基準に到達すると様々な特典が受けられます。ANAの上級会員制度はプレミアムメンバーサービスと呼ばれ、搭乗で貯まるプレミアムポイント(PP)よって受けられるサービスが異なってきます。
ANAの上級会員はどのようにすればなれるのか、また、どのようなサービスがあるのか詳しくご紹介したいと思います。

プレミアムステイタスはダイヤモンド、プラチナ、ブロンズの3ステージ

f:id:nonbirimile:20160723175616j:plain

ANAカード(クレジットカード機能付)や年会費無料・クレジットカード機能ナシのANAマイレージクラブ(AMC)、クレジットカード機能付き提携パートナー発行カード(楽天ANAマイレージクラブカード等)を発行(入会)すると、搭乗や買い物時にANAマイルが貯まります。
マイルとは別にANAグループ運航便やスターアライアンス加盟航空会社搭乗で貯まるプレミアムポイント(PP)があります。毎年1月~12月に獲得したプレミアムポイント(PP)数に応じて翌年度のプレミアムステイタスが決定し、翌年4月から1年間ステイタスごとのサービスを受けられるという事になります。
ブロンズサービス・・・30000PP
プラチナサービス・・・50000PP
ダイヤモンドサービス・・・100000PP
翌年度のステイタスが決定する12月末よりも早く、各ステイタスに必要なプレミアムポイント達成した場合は、翌年3月末日まで事前サービスが受けられます。

プラチナステイタスである50000PPに到達すると、晴れてスーパーフライヤーズカード(SFC)の申し込みが出来るようになります。(プラチナまたはダイヤモンドサービス提供中のみ申し込み可能。事前サービス中も申し込み可能)

SFCは一度取得すると、年会費を払いカードを所有し続けている限りずっと所持する事が出来ます。
このSFCを取得する為に50000PP貯まるまで飛行機に乗り続ける事をSFC修行と言います。

どのようなサービスが受けられるか?

各ステイタスでどのようなサービスが受けられるのでしょうか。重要だと思われる項目を簡単な表にしてみました。

<<提供サービス>> ブロンズ プラチナ ダイヤモンド
専用サービスデスク
ラウンジの利用
コンシェルジュサービス
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの
無料アップグレード
[2019年9月30日で終了]
国内線予約の先行受付
国内線座席指定の優先
予約時空席待ちの優先
特典航空券の優先
国内線特典航空券の空席待ち
国際線手数料の免除
優先チェックインカウンター
手荷物受取の優先
手荷物許容量の優待
専用保安検査場の利用
優先搭乗
空港での空席待ち優先
マイカー・バレーの優待(成田空港)
羽田空港駐車場の優先予約
香港国際空港の優先レーン利用
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル
マイルからANA SKYコインへ
特別倍率で交換
アップグレードポイントから
SKYコインへの交換
IHG・ANAホテルズでの優待

主なサービスを簡単に説明していきましょう。

【専用サービスデスク】

ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドでそれぞれ専用サービスデスクがあります。各ステイタス専用電話番号が設定されており、電話も繋がりやすくスムーズな問い合わせが可能です。上級会員になればなるほどオペレーターに繋がるまで流れるAnother Skyを聞ける頻度は少なくなります(笑)

【ラウンジの利用】

プラチナになると、ANAグループ運航便およびスターアライアンス加盟航空会社運航便で出発の際、無料でANA LOUNGEの利用が可能になります。無料対象はプラチナ本人と同行者1人です。

国内線

ANA LOUNGE
羽田空港、新千歳空港、仙台空港、小松空港、伊丹空港、関西空港、岡山空港、広島空港、松山空港、福岡空港、鹿児島空港、那覇空港

ANA ARRIVAL LOUNGE
成田空港(国内線出発ラウンジ)

※注 名前はARRIVAL LOUNGEですが、国内線は出発時のみ利用可能です。国内線成田空港到着後の利用できません。国際線乗り継ぎの場合、国内線到着時には利用出来ず国際線制限エリア内のANA LOUNGE利用になります。

セントレア エアライン ラウンジ
名古屋(中部)空港

国際線

ANA LOUNGE

羽田空港、成田空港、関西空港

スターアライアンスラウンジ
名古屋(中部)空港

スターアライアンス加盟航空会社の各国ラウンジ

ANA ARRIVAL LOUNGE
成田空港(到着時に利用可能)

 

更にダイヤモンドになると羽田空港、成田空港、伊丹空港、那覇空港、新千歳空港にあるANA SUITE LOUNGEの利用が可能になります。

ブロンズは国内線ANAラウンジ利用は1000マイルまたは2アップグレードポイント(ブロンズ会員本人のみ利用可)、国際線は4000マイルまたは3アップグレードポイント(ブロンズ会員と同行者1名利用可)が必要になります。 

【座席クラスのアップグレード】
アップグレードポイント(以下UGP)を利用する事により、国内線はプレミアムクラス、国際線はビジネスクラス、ファーストクラスへのアップグレードが可能です。(UGPがない事前サービス期間中の利用は不可)
国内線プレミアムクラスへは4UGP、国際線はアップグレードするクラスと地域により必要なUGPが異なります。

欧米路線
イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー、アメリカ合衆国、バンクーバー
上記地域はエコノミーからビジネスへは10UGP、ビジネスからファーストへは20UGP必要。

リゾート・東南アジア・南アジア路線
ホノルル、シンガポール、デリー、ムンバイ、ジャカルタ、バンコク、ホーチミンシティ、ハノイ、マニラ、クアラルンプール、ヤンゴン、プノンペン
上記地域はエコノミーからビジネスへは8UGP、ビジネスからファーストへは16UGP必要。

東アジア路線
中国(香港含む)、台湾、韓国
上記地域はエコノミーからビジネスへは6UGP必要。

オセアニア路線
オーストラリア
上記地域はエコノミーからビジネスへは10UGP必要。

アップグレード可能な航空券の予約クラスが限られていますので注意が必要です。また、エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレードは出来ません。
ダイヤモンドになると、当日空席がありアップグレードの要件(上位クラスの座席、食事等)が整った場合に限り、アップグレードの対象とならない予約クラスの航空券でも通常の2倍のUGPを使えばアップグレードする事ができます。(ダイヤモンドメンバー本人のみ)


【プレミアムエコノミーへの無料変更】
プラチナ以上で国際線エコノミークラスで予約した際、搭乗24時間前にプレミアムエコノミーに空席がある場合は無料でアップグレード可能です。搭乗予定の便のプレミアムエコノミーに空席があり、アップグレード可能な場合は搭乗24時間前に案内メールが来ます。オンラインチェックインから座席変更可能ですが、対象者全員でよーいドン!の早いもの勝ちなので早めに座席変更しましょう。
近年、空席があっても24時間前に開放されない事があるようなので、オンラインチェックイン時にプレミアムエコノミーが指定不可になっていても諦めずに空港カウンターで空席がないか聞いてみましょう。
ANA上級会員サービスの特徴のひとつであったプレミアムエコノミーへの無料変更は、残念ながら2019年9月30日で終了となります。

【国内線予約の先行受付】
ダイヤモンドは国内線予約の受付開始時間が一番早く、次にプラチナ、ブロンズ、SFCの受付となります。(プラチナ以上で一般受付より2週間早く予約できるサービスは廃止になりました)

【国内線座席指定の優先】
ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドで国内線予約時に指定出来る座席の範囲が異なります。ステイタスが上がっていくと座席指定の範囲が広がっていくといった感じです。
(プレミアムクラスは座席指定優先の対象外)

f:id:nonbirimile:20160725232025j:plain
座席指定範囲はステイタスや運賃種別によって異なるのですが、ダイヤモンドは航空券購入時から運賃種別に関わらず全ての座席から選択可能。プラチナやSFC会員は2日前の0:00から指定できる座席が追加になります。満席や満席に近い便では追加されない場合があります。
ダイヤモンドは搭乗日前日の18:00、プラチナとSFC会員は搭乗日当日の朝6:30に指定出来る座席範囲が広がるので電話で座席指定変更可能です。(電話での座席指定はウェブやアプリ、自動チェックイン機で行う座席指定より範囲が広い
主に前方座席や非常口席、前に座席のない普通席かと思われますが、解放基準が不明確なので今後も調査して行きたいと思います。


【予約時空席待ちの優先】
国内線・国際線でプレミアムメンバー、プレミアムメンバーと同一予約の同行者分まで空席待ち予約が優先されます。
優先順位は①ダイヤモンド②プラチナ③ブロンズになります。(ブロンズが空席待ち1番でも後から空席待ち申し込みをしたプラチナのほうが優先順位が上。更にその後にダイヤモンドが空席待ちをした場合はダイヤモンドが最上位になります)

【特典航空券の優先】

国際線プラチナ以上でプレミアムメンバー、プレミアムメンバー同行者(事前に特典利用者登録した人のみ)の特典航空券の予約、空席待ちが優先されます。ダイヤモンドメンバーは特典航空券枠も多くなります。

国内線特典航空券はダイヤモンドのみ空席待ちサービスが利用出来ます。(2ヶ月前先行予約サービスは廃止になっています)

【優先チェックインカウンター】
ブロンズは国際線利用時、搭乗クラスにかかわらず成田空港、羽田空港のプレミアムエコノミーチェックインカウンターが利用できます。(国内線はナシ)

プラチナになると、国内線は羽田空港にあるANA PREMIUM CHECK-IN、
成田空港、伊丹空港、関西空港、神戸空港、新千歳空港、名古屋(中部)空港、福岡空港、那覇空港、小松空港、広島空港、宮崎空港、鹿児島空港にある優先チェックインカウンターが利用できます。
国際線はビジネスクラスチェックインカウンター、「スターアライアンス・ゴールド」表示の優先チェックインカウンターが利用できます。

ダイヤモンドになると、更に国内線はANA SUITE CHECK-IN、国際線はファーストクラスチェックインカウンターが利用できます。

【手荷物受け取りの優先】
プラチナ以上でANAグループ運航便およびスターアライアンス加盟航空会社利用時、手荷物預け時にプラチナは「PRIORITY」タグ、ダイヤモンドは「FIRST CLASS」の優先タグが付き、到着後に一般より早く荷物が出てきます。(ブロンズはナシ)

【手荷物許容量の優待】
プラチナ以上で国内線は搭乗クラスの無料手荷物許容量の+20kgまで無料で預ける事が出来ます。(実際には、国内線は無料手荷物許容量制限が緩いようで、ブロンズ時に普通席利用で20kgを4kgほどオーバーしても追加料金の徴収はありませんでした)

国際線はANAグループ運航便に搭乗の場合、ブロンズ以上で搭乗クラスの無料手荷物許容量+1個まで預ける事ができます。(許容量は搭乗クラスにより異なる)
スターアライアンス加盟航空会社に搭乗の場合、プラチナ以上で個数制の場合は+1個、従量制の場合は+20kgまで無料で預ける事ができます。

【専用保安検査場の利用】
プラチナ以上で国内線は羽田空港のANA PREMIUM CHECK-IN、新千歳空港、伊丹空港、福岡空港の専用保安検査場が利用できます。ダイヤモンドになると羽田空港のANA SUITE CHECK-IN、那覇空港のANA SUITE LOUNGEの入出受付前になる専用保安検査場が利用できます。
国際線はプラチナ以上で成田空港のSTAR ALLIANCE GOLD TRACK、プライオリティレーンが利用できます。ダイヤモンドは成田空港のANA SUITE CHECK-IN、関西空港のファストレーンが利用できます。

【優先搭乗】
国内線および国際線全路線で搭乗クラスにかかわらず、優先して搭乗が出来ます。

f:id:nonbirimile:20181004105552p:plain

国内線優先搭乗は、事前改札サービス、Group1(ダイヤモンドメンバー)、Group2(プラチナメンバー、スーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスゴールド会員、プレミアムクラス)の順で優先的に搭乗出来ます。最後にGroup3・4(すべてのお客様)の順になります。(ブロンズは一般搭乗扱い)

f:id:nonbirimile:20181004184815p:plain

国際線優先搭乗は事前改札サービス→ダイヤモンド・ファーストクラス、プラチナ・SFC・スターアラーアンスゴールドメンバー・ビジネスクラス→すべてのお客様の順になります。(やはりブロンズは一般搭乗扱い)

【空港での空席待ち優先】
出発当日に搭乗したい便やプレミアムクラスが満席の場合、空席待ちをすると優先されます。

f:id:nonbirimile:20180103001113p:plain

優先順位は、種別S⇒A⇒Bとなります。
種別S=ダイヤモンドメンバー
種別A=プラチナ・ブロンズメンバー、スーパーフライヤーズカード(SFC)会員、スターアライアンスゴールド・シルバーメンバー
種別B=一般

プラチナメンバーやSFC会員で早めに空席待ち受付をしても、後から空席待ち受付したダイヤモンドメンバーのほうが優先順位が上になります。

【フライトボーナスマイル】
通常のフライトマイルに加え、フライトボーナスマイルが付与されます。(各ステイタス等でボーナスマイル付与のパーセンテージが異なります)

ブロンズ・・・ステイタス1年目40%、ステイタス継続2年以上50%
プラチナ・・・ステイタス1年目90%、ステイタス継続2年以上100%
ダイヤモンド・・・ステイタス1年目115%、ステイタス継続2年以上125%

上記ステイタス中にANAカード、スーパーフライヤーズカードのゴールドカードもしくはANAカードプレミアムを持っている場合、上記より更に5%アップになります。

スーパーフライヤーズ(SFC)会員の場合、一般カード35%、ゴールドカード40%、プレミアム50%となります。(継続年数関係なし)
※ANAカード、スーパーフライヤーズカード利用でダイヤ・プラチナ・ブロンズのステイタスを保持していた場合、積算率の高い方のみが適用となります。(%の合算はできない)

プラチナになるとブロンズから倍以上のフライトボーナスが付与されますね。


【マイルからANA SKYコインへ特別倍率で交換】

ANA SKYコインはANAの航空券や旅作の支払いに利用できる電子クーポンです。(ANAホームページより)

f:id:nonbirimile:20160726021410j:plain
ブロンズステイタスから交換率が最大1.7倍になります。陸マイラーの皆様はポイントサイトから移行したマイルをSKYコインに変えてSFC修行すると思いますので、交換倍率は気になる所ですね。ANAゴールドカード所有の場合、30000PPまで達成できる分のSKYコインを1.6倍で交換、ブロンズ到達後に50000PP達成までの残り必要経費分のSKYコインを1.7倍で交換しプラチナ達成を目指すのがいいかもしれません。 

まとめ

プラチナまで到達するとANAラウンジの無料利用、プレミアムエコノミーへの無料アップグレード(2019年9月30日で終了)、特典航空券の優先、専用保安検査場の利用、優先搭乗等、おトクなサービスがてんこ盛りです。ブロンズですと今あげたサービスは受けられません。頑張って30000PP貯めた割にはちょっと寂しいサービス内容ですね。もうちょっと頑張って50000PPまで目指しプラチナ達成しましょう。そうすればSFC取得の権利(これが一番欲しい)と楽しい飛行機ライフが待ってます。