す。マイル!楽しくANAのSFC修行

クレジットカードポイントやマイルを上手にためて飛行機に乗るマイラーブログ。ANA、SFC修行の為の効率よいPP単価日程やキャンペーン、ラウンジ情報満載。国内に限らず海外の情報も充実。海外SIMカードやホテル、食事レポートも必見

ANA ギャラクシーフライト8590円 PP単価約5.82 SFC修行にオススメ♪空席まだありマス

今年もまもなくやって参ります!ANAのギャラクシーフライト。魅力的な価格とPP単価で近年SFC修行をされる方の間では大変話題となっています。

 ギャラクシーフライトとは?

f:id:nonbirimile:20170513205327p:plain

羽田-那覇間で深夜・早朝に往復1便運航される期間限定便の名称です。
2017年の運行期間は7月14日から2017年8月31日。タイムシュケジュールは

NH999 羽田発22:55-那覇着25:35
NH1000 那覇発03:55-羽田着05:55

ただし、NH999の7/16・7/23・7/30・8/6・8/13・8/20・8/27・8/31
NH1000の7/14・7/17・7/24・7/31・8/7・8/14・8/21・8/28
は運航がありません。

最安値は羽田発8590円、那覇発9990円

f:id:nonbirimile:20170513212019p:plain

ANA公式ページの価格表記。羽田空港の旅客施設使用料が別途290円かかりますので羽田発は8590円、那覇発は9990円がギャラクシーフライトの最安値になります。

実際に検索してみました

f:id:nonbirimile:20170513214011p:plain

該当便を表示すると以下のような感じ。

f:id:nonbirimile:20170513212707p:plainf:id:nonbirimile:20170513212827p:plain

羽田発7月28日(で最安値8590円があります。羽田-那覇の旅割75で1476PP獲得、PP単価は約5.82です。

f:id:nonbirimile:20170513215013p:plain

7月28日(土)発は那覇着が翌日29日(日)になります。そのままトンボ帰りする那覇発7月29日(発が9990円。那覇発の最安値です。那覇-羽田の旅割75で1476PP獲得、PP単価は約6.77です。
単純往復で18580円、2952PP獲得、往復のPP単価は約6.3です。
体力に自信のある方、土日お休みの方は検討してみてはいかがでしょうか?
ギャラクシーフライト単純往復については昨年、SFC修行で実際にギャラクシーフライトで往復されたもにもにたさんの旅行記が大変参考になります。

monimonita333.hatenablog.com

アレンジプランを考えてみた

せっかく沖縄に行くのだから少しは滞在してみたい、という方にはこちら。

f:id:nonbirimile:20170513212707p:plainf:id:nonbirimile:20170514104850p:plain

往路を少し早めの便にしてみましょう。羽田発ANA475便またはANA477便は10000円切っています。ANA477便でPP単価約6、ANA475便でPP単価約6.7です。
那覇到着後は夕食時です。ゆいレールも運行していますので旭橋駅まで行きます。そして向かう先はこちら。

www.steak.co.jp

沖縄の超人気店ジャッキーステーキハウス。夕食時間帯の為、かなり並ぶと思われますが復路が深夜3時35分発なので気にせず並べます。

www.nonbirimile.com

私も実際に来店していますのでよろしければご参考にどうぞ(^^)

並ぶのを避けたい方はゆいレールで美栄橋駅まで行き、ステーキハウス88Jr松山店がオススメ。

s88.co.jp

f:id:nonbirimile:20170514114100j:plain

f:id:nonbirimile:20170514114112j:plain

f:id:nonbirimile:20170514114131j:plain

2016年10月に出来た比較的新しいお店ですが、ステーキハウス88なので安心していただけます。そしてこちらのお店は朝方の5時まで営業しています。お腹がいっぱいになったら深夜出発時間までのお楽しみは・・・

繁華街の松山はナイトクラブの宝庫

松山は沖縄県で有名な繁華街です。そして私の大好きなナイトクラブ(ディスコ)が多数あります。沖縄県はアメリカ占領下時代から数多くのダンスホールがあり、その名残りでナイトクラブは多数存在します。お酒も踊りも好きな沖縄の方々ですから自然の流れなのかもしれませんね(^^)

数ある中からいくつかご紹介。

ecica(エピカ)

内地(本土の意味)色が強いナイトクラブのようですので、東京や大阪、名古屋、福岡、札幌等のナイトクラブに通い慣れた方は入りやすいのではないでしょうか。5月13日は小室哲哉さんが5月27日には山田親太朗(山田優の弟)がスペシャルゲスト。なかなか面白そうです。

epica.okinawa.jp

G+OKINAWA

2017年4月に新しくオープンしたナイトクラブ。国内最新鋭の音響とトップクラスのLED使用率を誇る、のだそう。ナイトクラブ好きへの補足としては前身はアンダーグラウンドゴールド、旧b-styeの跡地にあります。次回、沖縄へ行く時に行ってみようと思います。

Googleマップで検索してもまだ出てきませんでした。バイキング居酒屋リオの地下1階になります。

入店時の注意事項としてはID(身分証明書)は持って行きましょう。そしてドレスコードも一応あります。ビーチサンダルと短パンはNGですのでご注意を。泡盛が飲み放題なので飲み過ぎも注意♪踊りまくったら那覇空港まではタクシーで1500円もあえれば着きます。復路は飛行機で爆睡ですね(^^)

まとめ

ANAのホームページには那覇での滞在時間が多く取れる、仕事帰りに行ける等とうたっていますが、2、3泊での旅行を想定した場合、那覇でのお安い交通手段であるゆいレールは那覇到着時、既に運行終了。そして那覇出発時には始発がまだ動いていないというなかなか難しいタイムスケジュールとなっています。那覇空港からの移動手段としてはタクシーかレンタカーになります。レンタカーはギャラクシーフライトの発着時刻に対応したレンタカー会社を利用すると便利です。

※2017年5月14日2時現在の価格です。航空券価格は常に変動しており価格が変更になる場合もありますのでご注意ください。