す。マイル!楽しくANAのSFC修行

クレジットカードポイントやマイルを上手にためて飛行機に乗るマイラーブログ。ANA、SFC修行の為の効率よいPP単価日程やキャンペーン、ラウンジ情報満載。国内に限らず海外の情報も充実。海外SIMカードやホテル、食事レポートも必見

大人気ハワイ・ホノルル路線全7社のビジネスクラスをご紹介

マイラー誰もが憧れるハワイ。ホノルル国際空港が2017年4月27日よりダニエル・K・イノウエ空港と呼ぶようになったのも記憶に新しい所。マイルを貯めてハワイへビジネスクラスで行くのを目標にしている方も多いかと思います。そんなハワイ路線の航空会社各社ビジネスクラスシートを簡単にご紹介いたします。

全7社ビネネスクラスのシートを簡単にご紹介

ANA

f:id:nonbirimile:20170206214027j:plain
(ANA公式ページから)

まずはANAから。成田発着のNH184,NH183便は2017年8月31日まではB787-8(240席仕様)でした。こちらの場合は2-2-2の座席配列でシートピッチは約150センチ。ANA BUSINESS CRADLEは公式ページに表記はなかったのですが139度リクライニング。

f:id:nonbirimile:20170206215205j:plain
(ANA公式ページより)

そして2017年9月1日からは全てB787-9のフルフラットANA BUSINESS STAGGEREDになりました。モニターは18インチ。嬉しいですね~♪

JAL

f:id:nonbirimile:20170806015035p:plain

f:id:nonbirimile:20170806015132p:plain
(JAL公式ページより)

B787のJAL SKY SUITEはプライベート感のあるシートになっていて、フルフラットになります。23インチもあるモニターはクラス最大級。

f:id:nonbirimile:20170806013426p:plain

f:id:nonbirimile:20170806013702p:plain
(JAL公式ページより)

B767のJAL SKY SUITEⅡはフルフラットになるのですが、写真のように成人男性は横に向いて寝てもキツイようです。モニターは15.4インチ。

f:id:nonbirimile:20170806014149p:plain

f:id:nonbirimile:20170806014250p:plain
(JAL公式ページより)

B777-200ERのJAL SKY SUITEⅢは1-2-1の座席配列でフルフラットになります。真ん中のシートは2人で旅行する時に利用しやすそうです。モニターは17インチ。

f:id:nonbirimile:20170806015631p:plain
(JAL公式ページより)

B777のJAL SHELL FLAT SEATはほぼフラットの170度ライトフラット。10.4インチのモニターは他シートと比べると少し小さいです。

チャイナエアライン

f:id:nonbirimile:20170806021224p:plain

(公式ページより大きめ画像はH.I.S.より)

使用機材はA330-300。シートピッチは152センチ。160度リクライニング。

デルタ航空

f:id:nonbirimile:20170806022646p:plain
(デルタワンのイメージ画像。デルタ航空公式ページより)

使用機材はB747-400またはB767。デルタワンといわれるフルフラットになるシートです。B747-400は2階建てです。

ハワイアン航空

f:id:nonbirimile:20170206222740j:plain
(H.I.S.からお借りしました)

使用機材はA330-200。シートピッチは193センチでフルフラットシートになります。

ユナイテッド航空

f:id:nonbirimile:20170206223725j:plain
(H.I.S.からお借りしました)

使用機材はB777。ユナイテッド・ビジネスファーストと呼ばれているフルフラットになるシートです。

大韓航空

f:id:nonbirimile:20170206224642j:plain
(大韓航空公式ホームページより)

最後の大韓航空の使用機材はA330-300。2-2-2の座席配列でシートピッチは188センチ。プレステージスリーパーと呼ばれるフルフラットになるシートです。

まとめ

ビジネスクラスになると機内のシートの他、各社ラウンジや機内食等も含めたサービスにそれぞれ特徴があり、どれも乗ってみたいと思ってしまいます。特にJALはシートの種類が豊富なので乗りたい機材をしっかり選択出来るかがポイントとなりそうです。