す。マイル!楽しくANAのSFC修行

クレジットカードポイントやマイルを上手にためて飛行機に乗るマイラーブログ。ANA、SFC修行の為の効率よいPP単価日程やキャンペーン、ラウンジ情報満載。国内に限らず海外の情報も充実。海外SIMカードやホテル、食事レポートも必見

【2017年最新版】タクシー配車アプリの世界版「Uber」の使い方

タクシー配車アプリというと日本交通タクシー配車アプリや全国タクシー配車アプリが有名ですが、「Uber」はご存じでしょうか?

「Uber」って何?

wikipediaによりますと2009年にアメリカでサービスが開始され、日本では2013年11月からのトライアルサービスを経て2014年8月に東京都内全域で本格的に開始した比較的新しいサービスです。
予め引き落としをするクレジットカードを設定するので、降車時の面倒な支払がいらずとても便利。また乗車場所と降車場所をアプリの地図上にピンを立てるだけで乗降ができます。究極、一言もしゃべらなくても目的地まで行けちゃうのです。更に迎車料金・深夜料金かかりません。

日本ではここ最近認知度が高まってきましたが、給料日後の金曜日、終電終わりの六本木交差点等でほろ酔い気分の人々がタクシー争奪戦を繰り広げている時間帯にUberだと意外と空車が見つかったりします。空車探しをしている人々の前に颯爽と現れる黒塗りのハイヤー、ドアを開けてくれスマートに乗り込む。そして目的地に到着したら面倒な支払作業もなくスムーズに降車。何だかファーストクラスに乗る感覚と似ていませんか?

メリットとデメリット

重複してしまいますが、簡単にメリットとデメリットを書いてみます。

【メリット】

・事前にクレジットカード払いの登録をするので降車時に支払作業がなくスムーズに降りられる。乗車した時に1万円札しかなくてタクシーの運ちゃんに怒られるかな~なんてドキドキしなくて済む

・ハイヤーとブラックVAN(1BOXカー等。荷物が多い時に呼ぶと便利)は迎車料金と深夜料金がかからない。通常タクシーの22時~5時に加算される2割増に何とも言えないモヤモヤした気分にならなくて済む

・配車をお願いしてから5分以内のキャンセルは無料。Uberで配車完了後、たまたまエコタクシー等安いタクシーが見つかったので乗っちゃえ!なんて時でも安心

・当然だがハイヤー車両は高級車が多い。のんびりが実際に乗った事があるのは、日本だとレクサスLS460とクラウンハイブリッドの黒塗りですが、他にもいろいろあるようです。

・海外で利用する場合、ボッタクリや遠回りされる心配がない。チップも不要。更には現地通貨の必要がないので、両替時の為替手数料を気にしないで済む

深夜割増料金がない。2017年1月30日、東京では初乗りの値下げが行われたが6.5キロ以上利用する場合は実は値上げになっており、通常タクシーの深夜割増料金時間帯にUberを利用すると通常タクシー価格と変わらなくなってきた。

・香港で利用する場合、UberX(日本でいう白タク)だと通常のタクシーより安い!

・日本では体験できないライドシェア(相乗り)が出来る国もある。これがまた安い!

・クレジットカード払いなのでポイント、マイルが貯まる!

・SPGのアカウントとリンク登録するとUBERの利用でスターポイントを貯める事が出来る

・プロモーションコード入力で初回乗車が無料になる。更に紹介した人も無料乗車1500円分がもらえる。

【デメリット】

・通常のタクシーに比べると料金が若干高い。

・日本では東京都内の一部地域しか使えない。さいたま市で配車しようと試してみましたが車が見つかりませんでした

・海外で依頼した住所(ピンを立てた場所)が車が入れないエリアだったりすると、登録した携帯番号に電話がかかってくるので、ちょっとドキドキする。(目印になりそうな建物やお店の前にピンを立てれば大丈夫。のんびりの中学生英語レベルで通じました)

・銀座のお姉さま達に使うと嫌われる(かも)

 

日本ではサービス提供地域が東京都内一部地域なので利用する機会が限られてくる方もいらっしゃるかと思いますが、海外で利用するとかなり便利です。アメリカをはじめ香港やシンガポール、バンコク、バリ、セブ、シドニー等で利用できます。
Uberが利用できる国や地域はこちらで確認ができます。

Uberの使い方

UberはiPhoneとAndroidスマホで利用可能です。iPhoneはApp Store、Androidはgoogle Playから無料でインストール出来ます。以降、iPhoneでご説明します。

f:id:nonbirimile:20160503113244p:plain
App Storeで「Uber」と検索し、アプリをインストールしてください。
以下からもダウンロード可能です。
iTunes Storeでダウンロード
名前やメールアドレス、携帯電話番号、パスワード、クレジットカード情報等入力すると利用できる状態になります。(既に利用中の為、登録画面のご説明が出来ず申し訳ありません)比較的簡単ですので頑張って入力してみて下さい。

f:id:nonbirimile:20170419113537p:plain

2017年4月現在、日本でUberの配車依頼が出来る地域は上記のエリア。順次拡大するそうです。降車はエリア外でももちろんOKです。

配車から乗車までの流れ

f:id:nonbirimile:20170419104243j:plain

設定が完了し、Uberが利用できるようになると上記の画面が出てきます。

f:id:nonbirimile:20170419101419j:plain
「行き先は?」をタップし、住所や施設名を入力します。過去に利用歴のある場所は表示してくれるので便利です。

f:id:nonbirimile:20170419101703j:plain

住所や施設名がわからない場合、地図上からピンで行き先の指定も出来ます。

f:id:nonbirimile:20170419102408j:plain

行き先入力が完了すると、地図上に経路と予想支払額が表示されます。デフォルトでハイヤーが出てきますが左にフリックするとVANタイプとTAXIが出てきます。(日本の場合)ハイヤーとVANタイプは料金設定が一緒なので地図上の空車状況を見て依頼してみましょう。ちなみにTAXIはUberを導入している個人タクシー等が配車され、メーター料金になってしまいますので日本ではあまり利用価値がありません。

f:id:nonbirimile:20170419103049j:plain

「ハイヤーを依頼する」をクリックすると自動的に配車してくれます。

f:id:nonbirimile:20170419103422j:plain

無事配車が完了すると上記のような画面になり、配車された車が到着するまでの時間とドライバー、車のメーカーと車種、ナンバーが通知されます。(上記はVANタイプで依頼した時のもの)同時に配車された車にも依頼した方のお名前等の情報が伝わっていますので到着した時に「〇〇様ですね。ご利用ありがとうございます」と確認が入ります。ドライバーが降りてきてドアを開けてくれますので焦らず乗車しましょう。車やドライバーを変えてみたい、その他やむを得ない事情等でキャンセルする場合、配車依頼から5分以内であれば無料で可能です。迎車までの時間や目的地までにかかる時間ですが、実際は表示時間よりかかる事が多いので目安として参考程度にみておきましょう。乗車後は目的地までスムーズに移動してくれます。ドライバーが選択した道以外のルートを利用したい場合は遠慮なく伝えましょう。目的地まで無事に到着したらドライバーを評価してあげましょう。乗車した人も同時に評価されますのでお行儀よくしておきましょう(笑)

f:id:nonbirimile:20170419110602j:plain

海外だとハイヤーより安いUberXやライドシェア(相乗り)で更に安く出来るUberPOOLも選択出来ます。(画像は旧バージョン画面)

乗車履歴の確認も出来る

f:id:nonbirimile:20170419111843j:plain

f:id:nonbirimile:20170419111916j:plain

過去の乗車履歴はアプリから簡単に確認が出来ます。

ドライバーから付けられた自分の評価を確認する方法

Uberは利用者(乗客)がドライバーの評価を行い、配車時にひと目でわかるようになっています。ドライバーは利用者(乗客)の降車後、利用者(乗客)の評価を行っています。自分は☆いくつ付けられているのか気になった事はありませんか?アプリ上でのパッと見は自分の評価を表示している場所が見当たりませんがキチンと確認が出来ます。

f:id:nonbirimile:20170419232220j:plain

アプリ画面の左上をタップすると上記の画面が出てくるので「ヘルプ」をタップ。

f:id:nonbirimile:20170419232451j:plain

次に「アカウント設定」をタップ。

f:id:nonbirimile:20170419232552j:plain

次に「評価について知りたい」をタップ。

f:id:nonbirimile:20170419232630j:plain

上記の画面になりますので、赤丸の所にUber登録時の電話番号を入力して「送信」をタップ。

f:id:nonbirimile:20170419233518j:plain

そうするとすぐに自分の平均評価が確認出来ます。個々の乗車に対しての評価は確認出来ません。

まとめ

 私自身は日本で何度か利用してどのようなシステムなのか体験してから海外でチャレンジしてみました。日本では通常のタクシーより料金が高めですが、深夜に割増料金がかからないUberは魅力的です。クラウンやレクサス等のハイヤーがさっと迎えにきて気が付いたら目的地に到着している。酔っ払いでも安心ですね(笑)
海外ではやはりぼったくられない安心感とチップ不要、その場で現金のやりとりする必要がなくクレジットカード払いで自動決済なのでポイントやマイルが貯まるのが大きな利点だと思います。
香港でのUberX(日本で言う白タク)は通常のタクシーより安くドライバーも親切で、とてもいい経験になりました。また、シンガポールでのライドシェア(相乗り)も安く、同乗した方との会話も楽しめ最高でした。
日本で白タクと言うと悪いイメージしかありませんが、乗せる側も乗る側も事前にUberに登録しており、更にお互い評価というシステムがありますので安心して利用できるかと思います。日本でも白タクがOKになったらドライバーも利用者も増えるのではないでしょうか。

プロモーションコード入力で初回乗車が無料になります(優待金額は利用都市により異なる)ので、みなさんも是非1度利用してみて下さい。初回のみの無料乗車だけ使ってみるのもOKです。
Uberへのリンク作っておきました。

iTunes Storeでダウンロード

Google Playでダウンロード

PCからでもユーザー登録可能です。PCの場合はこちら
プロモーションコードは ubernonbiri です。

アプリインストール後、登録情報入力時にプロモーションコードを入力してください。アプリインストールした方はご自身のプロモーションコードが発行され、紹介するとご自身にも無料乗車最大1500円分がもらえます。大変便利なので是非一度お試し下さい♪